おはようございます。
Good morning 


ロンドンに来て2週間以上経ちました。
その2週間の間に急速に秋に近づいている感じがします。
気温が少し下がって来ました。
太陽が出ていないと、薄手のダウンジャケットが欲しくなると言った感じです。
We've been in London for two weeks.
It feels like autumn is rapidly approaching.
The temperature is beginning to drop.
When the sun isn't out, you feel that you need a light down jacket.


そして今朝もシャワーのお湯が出なかったので、
緊急用の電話番号を見つけたので電話をしたら、
(渋々ですが) どうにか修理に来てもらい、お湯が出るようになりました!
よかったぁ
The shower was cold again this morning so we (reluctantly) phoned the emergency number.
Fortunately, the repairman came within two hours and fixed it.


さて今日は行ってみたかったデパート、
Liberty に行っちゃうよ!
Today, we went to Liberty's. 
I've always wanted to go there.


宿のそばのバス停から29番のバスに乗って
リバティからちょっと離れたバス停で降り歩く。
We took the 29 bus from our flat and got off near the shop.


FullSizeRender 35
ウンコ柄のビール。ウンコに足を生やしたのは
絶対に鳥山明先生が世界初だと思う。
Beer with a pooh label.
I think the first cartoonist to put legs on pooh was Akira Toriyama,
the creator of Dragon Ball.


FullSizeRender 14
ジョンはまた本屋と言う名の罠にかかる… 
(もう既に店内に入っています) 
John got caught in a bookshop trap again...
(He's already inside the shop)


FullSizeRender 32
ジョン曰く「クラブアップル」 ほんとかな?
どなたかご存知の方おりませんでしょうか? 
Are these really crab apples as John supposes?
Does anyone know?


FullSizeRender 17
中心の地域はバスが沢山!
Lots of buses in Regent Street!


FullSizeRender 31

FullSizeRender 20

FullSizeRender 23

FullSizeRender 21

FullSizeRender 34
リバティ店内です。
建物がとても素敵なんです。店内も勿論素敵。
The interior of Liberty's
It's an interesting building inside and outside.


IMG_1615
外観の写真撮り忘れたのでこちらをどうぞ。
(グーグルマップのストリートビューから)
The outside of Liberty's
(street view from googlemap)

FullSizeRender 28

FullSizeRender 33
このデパートは、布地が特に有名なのではないでしょうか。
(違かったらスイマセン) 
私も布地を見に来たのです。 
日本人にも人気が高く、実際結構日本の方がいましたよ。
I wanted to visit this store because I think it's famous for fabrics.
It's popular with Japanese people and there were quite a few there.


結局布地も何も買わずにリバティを出てパブへ向かいました。
We left the shop without buying anything and went to a pub.
…本当にパブの話ばかりでもう飽き飽き! 
と言うお声が聞こえて来そうなのですが、
これが1番の目的なんです、すいません。
You've probably had enough of "pubs" but that's the main reason we're here.
ジョンも、「もしパブが無かったら帰ってくる理由がない 」
とまで言う程好きなんですよねぇ。
John said, "if it wasn't for the pubs, there wouldn't be much point in coming"!


数日前にもいったソーホー地区へと向かいます。
そしてまたまずは、ライスワインショップという日本食材屋さんへ。
We headed for the Rice Wine Shop in Soho again.


FullSizeRender 5
2週間も経つとさすがに米粒が食べたくなって来て
とうとう買ってしまった。
After two weeks, I'm beginning to miss rice so I bought some.
お店の日本人のお姉さんに、
ここいらで美味しい日本食屋さんはありますか?
と、お伺いしたら、とてもご丁寧に教えて下さいました。
3軒教えて下さったので、そのうちの1軒で晩ご飯を食べる事に決めました。
I asked the young Japanese shop assistant
if there were any good reasonable Japanese restaurants nearby
and she told us a couple of places.
We decided to have dinner at one of them.


さてパブへ。
Now, to the pub


Admiral Duncan
FullSizeRender 8
このパブはゲイの集うパブです。
1999年に爆弾テロがあったそうでず。
It's a gay pub.
There was a nail-bomb attack in 1999.


FullSizeRender 13
写真は余り撮れませんでした。
やっぱりちょっと撮りにくいかな。
We didn't take a lot of photos.


image
私は凄く久しぶりにギネスを飲みました。
何だか日本で飲むより美味しく感じました!
ここで毎晩ドラッグクイーンのショーがあると言うので
また近いうちに観に来るかもです♪
I had a pint of Guinness for a change.
It tasted better than Guinness in Japan.
They have a drag queen show every night.


パブを後にし、ちょっと早めですが晩ご飯を食べに
教えていただいたうちの一件、
中華街にあるレストランMISATOへ。
After leaving the pub we went for an early dinner at Misato in Chinatown.


FullSizeRender 2
途中ピカチュウ発見。
We met Pika-chu on the way.


FullSizeRender 3
 MISATOに到着。
あれ?ここ何年か前に一度食べた事あるぞ。
Misato
Eh? We're here a couple of years ago.


FullSizeRender 18

FullSizeRender 22


今回、(前回も確か?)ジョンはトンカツ、 
John had tonkatsu (pork cutlets with rice and cabbage) again.


FullSizeRender 15
私は豚の生姜焼きを食べました。 
and I had pork fried with ginger.
お味の方は悪くはないと言ったところです。
お米が食べられて嬉しかった
It wasn't bad.
I was so happy to eat rice!


FullSizeRender 29
お会計。
The bill


この後もう一件だけパブに寄ろうと、MISATOさんを後に
宿のあるカムデンタウンまで戻って飲む事に。
After that, we went back to Camden to try another pub.


FullSizeRender 9

IMG_8353
バス停まで行く間、また日本食屋さんを見つけました。
ロンドンに住むなら働きたいくらい。
On the way to the bus stop, we found another Japanese restaurant.
If we ever live in London, 
I'd like to work here.


FullSizeRender 4
バスから撮った写真。
この方達に会うためバスから飛び降りました!
I took this photo from the bus.
We jumped off the bus to go and meet these people.


IMG_8388
この方達は誰かと言うと、
Pearly Kings and Queens
The man on the left is a Pearly King and the one on the right is his son, a Pearly Prince.
と言う方達で、昔、労働者階級の方達の間で
ズボンの脇の線をボタンで飾るのが流行っていたそうです。
労働者階級の方達は、お金に困りながらもさらに苦しい方達の為に
お金を集めることを始めました。
お金を集めるなら目立つ格好をしたらいいと、
ズボン脇の線の飾りだったボタンがあります
身体中へと増えていき、今日に至るようです。
Over a hundred years ago, it became fashionable for
costermongers (street traders) to sew mother-of-pearl buttons
on the seams of their trousers.
Then, a street sweeper named Henry Croft, adopted this fashion
to draw attention to himself and his fund-raising activities for people in need.


ジョンは小さな頃一度見たっきりだったので
今回こうして偶然会えた事にとても感動していました。
John saw a Pearly King when he was a little boy
and he was really excited to meet one again.


今では結構大きな組織になっているようです。
The Pearly Kings an Queens are a charitable society now.


LYTTELTON ARMS
FullSizeRender 11
 
FullSizeRender 16

FullSizeRender 30

FullSizeRender 26

FullSizeRender 12
リアルコックニーのジョンさん!
もしかしたら、彼は(ウチの)ジョンのお父さんを知っていたかもしれない!?
私の好きなガイ・リッチー監督の映画に出て来そうな
リアルなコックニーです!
John, a real Cockney!
He may have met my John's father,
who used to play the piano at the Lambeth Walk.
John the Cockney looked like a character in a Guy Ritchie movie.



最後にリアルコックニーの話すコックニーをお聞きください!
昔は軽視されていた言葉ですが、今は1番のカッコいいとされている言葉です。
Listen to a real Cockney speaking Cockney!
It used to be frowned upon but now it's regarded as hyper-cool!


コックニーとは
More about Cockneys


この後宿に帰ってのんびりして寝ました。
After that, we went back to the flat and crashed.


ではまた明日!
See you tomorrow!


各写真をタップして頂くと、高画質でご覧になれます。





ブログランキングに登録をしてみました。
ジョンのお顔をポチッと宜しくお願いします!
ランキングのボタンをサイドバーにも常設しましたので、
よろしくお願いします!


国際恋愛・結婚ランキング